ニキビを隠そうとして余計にニキビを悪化させてませんか

MENU

間違ったスキンケアでニキビを悪化させてませんか

ベルブランでニキビ予防やニキビ跡のケアをするにしても間違ったニキビケアをしてしまっては効果が薄れてしまいます。
せっかくの美容液が意味なくなってしまうNG行動は避けるようにしましょう。

 

洗顔で肌にダメージを与えてしまう

特に大切なスキンケアとなるのが洗顔方法。
お肌を傷つけてしまう洗顔方法は肌のバリア機能を低下させたり毛穴詰まりを起こしてニキビの原因にも繋がります。

 

洗顔する際に気を付けたいのがよく泡立てて洗うことです。
そうすることでよりキメ細やかな泡になり、毛穴の奥まで入り込んで汚れや皮脂を浮き上がらせてくれますし、
細かな泡が顔と手の摩擦を防ぐので表皮を傷つけることを防ぎます

 

もし洗顔時にお肌に傷がつくと、そこから雑菌が入り肌トラブルの原因にもなります。
洗顔で重視する点は、洗顔料をしっかりと落としきる事、また女性の場合はクレンジングで落としきれていない成分も洗い流す事がありますが、
それを効率よくするためにも弾力性のある泡を使って顔を擦らないことを意識して洗う事が肝心です。

 

よく皮脂汚れを落とすためと手でゴシゴシと洗う人がいますがこれは逆効果ですから注意が必要です。
その理由として、単純に強くこすることで肌へダメージを与えてしまう事や肌の生まれ変わりで古くなった皮膚のカスが毛穴に押し込まれ、毛穴詰まりの原因となるからです。

 

毛穴に詰まった汚れは泡で浮き上がらせ、そして皮脂汚れも石鹸の成分と化学反応させれば肌を傷つけることなく綺麗に汚れが落とせて理想的な洗顔になります。洗顔の効果はすぐには表れませんが、毎日正しい洗顔を繰り返せば自然と少しずつ効果を及ぼします。

 

ニキビを隠そうとして悪化

また、特にやりがちなのがニキビを隠すために化粧品を塗りたくってしまう事です。
顔にニキビがあるとどうしても「隠したい」と思って濃い目のメイクを施してしまうことがあります。
これはコンシーラーでも同様です。
しかし、「ニキビ解消」を考えるとあまりオススメできません。

 

化粧品を使いすぎると毛穴詰まりでニキビが悪化しやすくなる可能性があるからです。
極端に言えば、ニキビができた場合は化粧品を使わずにメイクしないことが理想です。

 

とは言え、女性の心理を考えるとなかなかノーメイクでいられる人は少ないと思います。
仕事でも遊び・イベントでもノーメイクというのは難しいですよね。ニキビが気になる方なら尚更です。

 

なのでノーメイクとはいかなくてもあまり厚く塗らずに時間も短めにするよう心掛けましょう。
またメイクするときはパウダータイプのべとつかない化粧品か保湿成分がしっかりしたタイプの化粧品がお勧めです。

 

 

>>ベルブランの口コミ効果へ戻る